婚約指輪の種類

婚約指輪の種類

婚約指輪の留め方は、立て爪でなくてはならない?

まず、婚約指輪を頭に思い描いてください。絵を描くのが得意な人は、実際に紙に思いのまま自分が欲しいと思う婚約指輪を書いてみても良いですよ。

すると、多くの女性が特定の指輪になってしまうんです。6本の立て爪で中心になる宝石を留める、「ティファニーセッティング」を思い描いているのです。

一般的に「ティファニーセッティングは婚約指輪の常識」かも知れませんが、もっと自由な発想で婚約指輪を追い求めても良いと思うんですよね。

たしかにティファニーセッティングは、中央の宝石を押し上げるような留め方のため、宝石が周囲の光を受け入れやすくなります。そのため、反射がより強くなるため美しい輝きが得られやすいという利点はあります。

特にダイヤモンドの場合はこの利点が生きてきます。そのため婚約指輪というとティファニーセッティングと多くの女性が思い込むようになってしまったと思います。

でも、ティファニーセッティングの不便な点も考慮してください。婚約指輪を毎日指につけ続けるとすると、ティファニーセッティングをはじめとする立て爪の留め方は引っ掛けやすく危険な事もあります。

また、フォーマルな雰囲気が過剰に演出されてしまう事もあり、普段着とマッチせず、違和感を感じてしまう原因になってしまいがちです。

そこで自分の普段着を考え、もっとカジュアルなセッティング方法をチョイスするのも新しい婚約指輪の常識と考えてみたいものです。

そんな場合は婚約指輪をセミオーダーメイドフルオーダーメイドする事も考えてください。

指輪の種類って石の形や大きさによっていっぱいあるんですが、ここでは婚約指輪の代表的な種類を載せています。

ソリティア

ソリティア

ソリティア(ソリテール)の「solo」から来ている言葉で、リングのアームに宝石を1粒だけセッティングしたシンプルなタイプです。

ティファニー・セッティングのような立て爪のダイヤモンド一個石はその代表で、婚約指輪としては不動の人気を誇ります。時代や世代を問わず定番の人気デザインです。

伏せ込み

伏せ込み

次は伏せこみセッティング。ダイヤモンドを地金で抑え、全体的に指にフィットするよう高さを抑えたタイプです。

引っかかりも少なく普段使いに一番良いデザインです。

現代的なデザインも多く、地金をふんだんに使うため、アーム部分に小さなメレダイヤを埋め込んだりカスタマイズも豊富なデザインが多いですね。

パヴェセッティング

パヴェセッティング

次にパヴェというものがあります。パヴェは、メレダイヤ(0.02ct前後以下の小さなダイヤをメレと呼びます。)をリングのアームに埋め込んだタイプの婚約指輪です。

リング全体が大変豪華な輝きに包まれるのが特長です。同じパヴェタイプのデザインでも、細工の良し悪しやパヴェ部分に使うメレダイヤの大きさ、品質で見栄えが違いますので見比べてみることが大切です。

サイドストーン

サイドストーン

サイドストーンという種類のエンゲージリング(婚約指輪)もあります。このエンゲージリング(婚約指輪)は中石よりも一回り小さい石を両サイドに一つずつ配したデザインです。

このタイプは両脇の石によって雰囲気が変わります。小粒のラウンドカットが両脇についているタイプはゴージャスな雰囲気に。

そして、大きなラウンドカットが留められていれば大人っぽい雰囲気になりますね。

最近はピンクダイヤやブルーダイヤをワンポイントに1粒だけ添えたデザインも多く出ています。

エタニティ

エタニティ

同じ大きさ、同じ品質のダイヤモンドが指をぐるっと一周するように途切れなく並んだ指輪をと言います。

デザインに切れ目がないため、「終わりがない」こと、すなわち「永遠」を表すシンボルとして古くから用いられてきました。

このタイプはシンプルで着けやすく、しかも華やかさも備えていることから、婚約指輪や結婚指輪を兼用する指輪として選ぶ人も多くなってきています。

ブリリアントジュエリーにお問い合わせ