エメラルドの婚約指輪

結エメラルドの婚約指輪

色が濃く美しいグリーン色である上に、透明度、輝きも申し分ないエメラルドの色合いです。コロンビア産の最高クラスに見ることができます。

日本の女性たちの間で、根強い人気を得ている石がエメラルドです。この石の色はほとんどの服の色と合い、また洋装だけではなく和服にも似合います。そのため落ち着いたグリーンは、年齢を問わず支持されてきました。宝石言葉は「幸運」。婚約した二人の将来にとっても、縁起の良いカラーストーンです。

鉱物としてのエメラルドは、ベリルというグループに属します。同じベリルに属するカラーストーンには、他に海水のような澄んだ青色のアクアマリン、淡いピンク色が可愛いモルガナイト、黄金色に輝くゴールデンベリルなどがあります。

そのなかで、エメラルドグリーンと表現される美しい緑色がエメラルドだけに与えられたのは、ほんのわずかな金属元素の入り込み方や、結晶の仕方が違ったため。美しいカラーストーンの世界は、繊細な構造の違いが、色味を大きく変えてしまうのです。

心を落ち着かせてくれるエメラルド

エメラルドにもルビーやサファイアと同様に、古今東西、人々に愛されてきたカラーストーンです。中でもエメラルド好きとして歴史にその名を残しているのは、エジプト王朝期の絶世の美女と言われたクレオパトラ。彼女はエメラルド鉱山を所有し、身の回りだけでなく、室内もエメラルドで飾り立てました。

新緑のエメラルドグリーン、あるいは美しい海の色にも似たエメラルドの色合いは、目にも優しい効果があると古代ローマ時代から信じられてきました。皇帝ネロにいたっては、人類史上初めて眼鏡を作った人物とされていますが、その眼鏡はエメラルドで作られたという話もあるほどです。

実際、エメラルドには目の疲れを癒してくれるエネルギーがあるほか、脊髄などがずれてしまっている場合に癒してくれたり、精神的に不安なとき、左手に軽く握るだけで心を落ち着かせてくれるヒーリングパワーがあると信じられています。

エメラルドを婚約指輪や結婚指輪に

エメラルドのようなグリーンの石を婚約指輪に使うのは、珍しい訳ではなく中国やアジアなどではごく当たり前の風景です。

石の形はエメラルドカットと呼ばれる四隅をカットした四角いカットが多いですが、エメラルドはダイヤモンドに比べて柔らかい石なので取り扱いには注意が必要ですね。

それでも、下の指輪の様に四隅を爪でガッチリとガードしたデザインが婚約指輪として人気があります。

今では昔のような背の高いデザインではなく、石の高さに合わせたクラシカルでも現代的なデザインも多いですよ。

婚約指輪として不安があるのであれば、センターストーンをダイヤモンドにし、サイドのメレダイヤの代わりにエメラルドを留めたりするのも良いと思います。

結婚指輪の内側に刻印とエメラルドを留めたりする方もいらっしゃいますよ。

  • エメラルドの婚約指輪
  • エメラルドの婚約指輪
ブリリアントジュエリーにお問い合わせ