甲丸リングの歴史

甲丸リングが出来るまで

甲丸リングの歴史は言い換えれば婚約指輪の歴史となります。有史以来存在し、現在は着ける指により指輪に意味があるとされます。

左手の薬指につける結婚指輪は「聖なる誓い」の意味があります。

素材にされる金属としては金、銀、プラチナなどの貴金属が主流ですが、現在は新しい素材の指輪も登場しているようです。

歌詞や題名などの固有名詞には、「指環」と表記されることもあり、古代においては指輪は女性に固有のものではなく、古代ローマにおいては印鑑として用いられました。その太古の昔より甲丸リングは指輪の基本形とされていたようです。

甲丸リングが出来るまで

シンプルな甲丸リングが作られる工房とは!?その全貌を紹介します。全てが職人仕様の部屋になってます(^^)

甲丸リングが出来るまで

この写真にあるもののほとんどが我が父の手作りです。

椅子・机・棚・作業台などを作ってしまいました。普段は凄く小さなジュエリーばかりなので、机や椅子などの寸法の大きいものは楽勝だとか。

この下の写真の道具入れも全部手作りなんです。。。中の物の全てが仕事に使う道具で、一体何に使うのかサッパリ。。。

甲丸リングが出来るまで

まずは地金の精錬作業ですね。僕は小さい頃からこれが好きでよく見ていました(^^)

ちなみに本日は、プラチナとゴールドの精錬作業です。

右側の道具類はゴールド用の道具です。プラチナは別にあります。理由は後ほど。

甲丸リングが出来るまで

まず、使用する地金をバーナーで溶かします。溶けた地金を金型に流し込みます。この作業も簡単にはいかないので慎重に・・・で、出来上がったゴールドの地金が右側の写真。熱くて触れませんよ(^^)

これでゴールドはおしまいです。

甲丸リングが出来るまで

プラチナは道具やバーナー全てが金とは異なります。

理由は融ける温度が全然違うから。光の明るさに例えるなら、「金はロウソク、プラチナはスタジアムのライト」ほどの違いがあります。

それから、お皿にプラチナの粉を入れ積み上げていますが、これにも理由があるんですよ(^^)

左側の写真は、炎の出し始めです。右側の写真はより高温で溶かし始めたところです。炎の温度によって色が違うのが分かりますか?

甲丸リングが出来るまで

この瞬間、プラチナは約1700度以上!!もの高温になっています!

当然ながら周りにいる僕たちも物凄く熱いです。

おまけに動画では分かりにくいですが、バーナーの音がでかい!高温に爆音!まさに小さな鉄工所ですね(^^;)音量を最大にしていただければ(^^)

甲丸リングが出来るまで

写真を見て、何かに気付きませんでしたか?

ちょっと小さくて分かりにくいのですが、重ねていたお皿の高さが低くなっていませんか?

実は、プラチナが超高温で溶けるために、お皿を突き破ってどんどん下に落ちているんです!!

ゴールドとプラチナの道具がなぜ違ったのか?

それは、ゴールドの金型にプラチナを流し込むと、高温で金型の方が融けてしまうからなんです。融ける温度が全然違うんです!

そうして出来上がった地金が、父の手にあるプラチナの塊。まだ熱くてずっしり重たいんです。ちなみにこの時の地金は僕には触れる事が出来ません。

火傷するくらいに熱いんです!父は慣れているんですね(^^)

甲丸リングが出来るまで

溶けて丸くなった地金を何度も何度も火で溶かし、やわらかくなっては、金づちで叩き、また溶かし、叩いての繰り返しで棒状へ成形していきます。

内刃物が強いと言われるように、職人が一点一点手作りでつくるジュエリーは強いのです。材料がギュっと詰まっている・・・という表現だとわかりやすいでしょうか?

甲丸リングが出来るまで

リズムに乗った金づちの音が響き、形作られていきます。

見てる分には簡単なんですが、驚くべきことはちゃんと長方形の形になっていることなんです!

甲丸リングが出来るまで

我が家にはローラーが2種類あります。地金や仕事によって使い分けるんだそうです。

ローラーは機械で動きます。手で回すローラーもあるのですが、仕事量が全然違うのです。

甲丸リングが出来るまで

熱しては打ってまた熱し、打って熱しの繰り返し。

形を整えるために、今度は丁寧に丁寧に作業を繰り返します。金床(作業台)に使われている 木は樫の木。樫の木は、職人の打つ力に耐えられる強い木なのです。めちゃめちゃ重いんです(><)

父が山を持っている知人の所に行き、自分で木を選び切ってきたんです。現在で2代目ですが、大切な仕事仲間なのです。

甲丸リングが出来るまで

芯金に地金を添わし、木づ ちでリング状にします。指輪らしくなってきました。裏話を明かしますと、通常父は本当は芯金を使わずリング状にしているのですが、一般的な工程で作ってもらいました。

不思議なのは芯金を使わず、リング状にするのですが、ちゃんと真円のリング状になっている所なんです。

つなぎ目を結合させます。この作業は一番難しいのです。

また、火の加減で「ロー目」といわれるつなぎ目が見えてしまうので整えた形を気にしながらの慎重な作業です。

甲丸リングが出来るまで

バフがけ。ピカピカに磨いて綺麗になります。

こんなシンプルな指輪には、ほぼ一時間ほど時間がかかります。ひとつひとつの工程に、父のこだわりの技術と思いがたくさん詰まっています。

こんなに贅沢なジュエリーが、他にあるでしょうか・・・

みなさん、お手元に当店の可愛い子供達が届きましたら、ずっと可愛がってあげてください(^^)きっとあなたの大切な宝物になるはずですよ(^^)

甲丸リングが出来るまで

上の左側の写真ですが、この太い地金が数々の工程を経てこんな素敵なリングに生まれ変わるのです。

不思議としか言いようがないのですが、宝石職人はいとも簡単に作ってしまうので驚きです。

  • この商品のポイント

  • 1:35年の経験を積んだ、本物の宝石職人の技を身近に感じることが出来ます。

  • 2:高級宝石店以上の満足感が味わえます。

  • 3:「本物の宝石職人の技がここにある」とみんなに自慢しましょう!

  • 4:「この指輪は甲丸リングっていうんだよ」って言うと、「通」に見られます。

この甲丸リングを結婚指輪にしたい!と思った方は下の画像をクリックすると一覧ページへ移動します。

甲丸タイプの結婚指輪一覧ページへ ブリリアントジュエリーにお問い合わせ