婚約指輪の選び方

まず、結婚指輪の由来とはどういうものでしょうか。

諸説ありますが、古代ローマ時代に古代エジプト時代からパワーアイテムだった指輪を結婚の証として交換するようになったとも言われています。結婚指輪は絆の深い証として身に付けるものなのです。

そういった物だけに慎重に選んで欲しいと思います。まぁ、そうは言っても慎重すぎるのはいけませんから、まずは下に書いた事を軽く頭に入れて検討して欲しいですね(^^)

シンプルなデザインか?

結婚指輪はずっと着ける物なのでシンプルなデザインかどうかという事はとても重要だと思います。

長い結婚生活なので同じ指輪を付け続けるのであれば、飽きのこないシンプルなデザインが良いと思うんです。 シンプルであれば時と場所関係なく年齢を重ねても違和感なく付け続けられます。

また、毎日の生活で身につけているとどうしても傷が入ってしまうものですが、それはボクもそうですが1年に1度くらいは新品仕上げをすると良いと思います。

せっかく綺麗な物なのにメンテナンスを怠ると勿体ないですからね(^^)

もちろん、ブリリアントジュエリーではそういった新品仕上げやサイズ直しといったアフターサービスも受け付けています。

2人が納得出来るかどうか。

普段指輪をしている方なら問題ないかも知れませんが、慣れていない場合は指通りや着け心地なども考えて2人の意見を交換しながら選ぶ方が良いと思います。

同じデザインでもリング幅が違うようにするとか、全く違うデザインを選んでも結婚指輪は結婚指輪なのです。

そういった事を含めて納得出来れば良いのではないでしょうか。

最近ではデザインが全く違う結婚指輪も珍しくなく、男女でシンプルながらも個性的なデザインを選ぶ方も増えています。

まぁ、結婚指輪一覧のページを見れば分かるように、婚約指輪と比べて結婚指輪は多彩なデザインがある訳ではないですけど、結婚指輪のサンプルレンタルサービスを利用したりして、デザインと指に着けた時の見た目や雰囲気を確かめるのに良いと思いますよ(^^)

重ね付けが出来るかどうか。

最近は婚約指輪を贈らずに結婚指輪だけ贈る場合もありますが、婚約指輪と結婚指輪を重ね付け出来るといった事も重要です。

そこで最初に書いた「シンプルかどうか。」という事が大切になります。婚約指輪が豪華なデザインでもシンプルなデザインでも結婚指輪がシンプルであれば婚約指輪の良さを引き出してくれるのです。

欧米では婚約指輪と重ね付けする事はまったく珍しくなく、むしろ率先して着けていますし、重ね付けを重視する事はとても良いことだと思いますよ(^^)

ブリリアントジュエリーにお問い合わせ