ダース・ヴェイダーリング

ダース・ヴェイダーの指輪

貴方が映画好きでスターウォーズ好きなら「ダース・ベイダー」は知っていますよね?そのダース・ベイダーの指輪を作ってしまいました。

素材はプラチナとゴールドの2種類。プラチナにブラックメッキをしたものとK18ゴールド、そして片方0.3カラットのダイヤモンドを留めています。

趣味とはいえ、恐ろしい指輪を作ってしまいました。それに既に趣味の域を超えてしまいました(笑)

もともと、スターウォーズは大好きでよく見ていたんですが中でもダース・ベイダーは特に好きなキャラクターでした。まぁ、ほとんどの人はこのダース・ベイダーが好きだと思います。

独特のデザインと威圧感。そしてダース・ベイダーになるまでの背景などです。

シルバーで作られたものはよく見ていたんですが、ボクは宝石屋ですからちょっとジュエリーとして作ってみたいなぁという悪魔のささやきが(^^;)

製作に入ったものの、大きすぎて重くとても商品になりにくく、手直しに手直しという工程を経てデザイン自体は出来上がりました。

最後の工程は「眼」の部分の石をどうするのかという事でした。丸いダイヤモンドを使うかオーバル(楕円)のダイヤモンドを使うのか。

この「眼」だけで表情は一変しますからなかなか慎重に検討したんですが、最後は長年の勘で丸いダイヤモンドを使う事にしました。

勘と言っても理由は多少あって、オーバルダイヤは揃えるのが大変だという事と、ダース・ヴェイダーといえば眼力が強いのでより輝く石を使わなければいけないという事でした。

結果的に凄く良い指輪が出来ました。かなり格好良い(^^)

メッキも通常の宝飾品に使われるロジウムメッキ、そしてゴールドメッキ、最後はより本物志向のブラックメッキの3種類です。個人的にはブラックメッキのメタル感が最高だと思っています。

結局出来上がりまで数ヶ月かかりました。出来上がってからも写真撮影やその他の調整など思った以上に時間がかかってますが、最終的には納得の出来です。良い職人さんがいないとここまでの指輪を作るのは難しいのです。

さて、ここからが各商品の説明になります。各商品の写真をクリックすると商品ページに移ります。まずはイチオシのブラックメッキ版から。

ダース・ヴェイダーリング:ブラックメッキ版

ダース・ヴェイダーリング:ブラックメッキ版

これがブラックメッキをした指輪です。そうとう渋い指輪です。見た瞬間にそれと分かる威圧感(^^)

ダース・ヴェイダーリング:ゴールドメッキ版

ダース・ヴェイダーリング:ゴールドメッキ版

次にゴールドメッキ版。iPhoneのゴールドのお陰でゴールドも再びファッションとして捉えられるようになりました。

ダース・ヴェイダーリング:ロジウムメッキ版

ダース・ヴェイダーリング:ロジウムメッキ版

最後に宝飾品仕上げのロジウムメッキ版。落ち着いていて高級な雰囲気。悪のヒーローなのに気品を感じます(^^)

ダース・ヴェイダーリング

どの指輪もベースは同じなのに全然違った雰囲気を持っていて全部揃えたくなってしまいます。ボクは全部作れて良かったなぁと思ってます。

それにダース・ヴェイダーの指輪は多くの種類のシルバーリングがありますが、うちが1番格好良い(^^)

実際に手につけるのはもちろん、スターウォーズコレクションの1つとして捉えても良いんじゃないかなぁと思っています(^^)

商品紹介の動画をYouTubeにもアップしています。

どの指輪も本来なら「プラチナ・ゴールド」の貴金属で製作しているのですが、この指輪だけ「シルバー」でも製作しています。シルバーにゴールドメッキやブラックメッキ、ロジウムメッキを施すのでシルバー製品にありがちな、黒くなるような事はありません。

値段もプラチナやゴールドになるとコレクターアイテムになりそうですが、シルバー製は通常のシルバーアクセサリーとしては高価ですが比較的手軽に購入できます。何と言ってもこんな指輪どこにもない。という事です。

プラチナにゴールドメッキやブラックメッキも当然可能ですし、ゴールドに他のメッキをする事も可能。

自分だけのカスタマイズとして眼の部分の石を他の宝石にする事も当然可能。個人的にはシルバーブラックメッキに眼の石をスワロフスキーのレッドなんか入れると物凄いテンション上がりますよね(^^)

この指輪、お分かりだと思うのですが個人的な趣味として作っていますから、どんな事でも相談してください。提案に挑戦するのはとても楽しい体験になりますしとても楽しみですからボクを驚かせて下さい(笑)

9

お問い合わせ

メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ